子供の保険

学資保険の種類は3つ、貯蓄型・保障型・両立型

学資保険においてはお子様が産まれたら、または妊娠している時点で考えているといった方も多いかと思います。
学資保険は、これから成長し教育を受ける子供達に教育資金を積み立てておく保険になります。
お金にものすごく余裕があり、別に生命保険などをかけているといった場合には必要がないかもしれませんが非常に大切な保険となりますからぜひ考えてみることをおすすめします。

また、学資保険といっても様々な種類がありそれぞれメリットがありますからその中でもより自分に合った保険を選べるように心がけていきましょう。
まず、学資保険は大きくわけると3つにわけることができ、貯蓄型・保障型・両立型にわけられます。
貯蓄型は、学資保険の基本となる教育資金の積み立てを主とした保険になります。
貯蓄型の学資保険はなんといっても返戻率が100%以上になるということです。
なお、保障型の学資保険は元本割れすることがあります。

また、契約者にもしものことがあった場合には支払いの免除が受けられるなどということもあげられます。
保障型においてはこども保険と呼ばれていて、万が一の怪我や病気、事故などにおいて保障してくれるものになります。
要は生命保険と同様と考えてもよいかと思います。
そして、両立型は上にあげたどちらもを兼ね揃えた保険になります。

教育資金の積み立てはもちろん、万が一の場合に備えることができます。
生命保険にすでに加入しているといった方であれば、貯蓄型が1番よいかと思いますし、お金に余裕があり教育資金においてはきちんと自分で貯蓄をしていくといった場合には保障型のみで充分なのかもしれません。
また、両立型においては学資保険に入れば生命保険同様な効果があるといえますので学資保険一つで非常に効果があることもいえますので、学資保険を考えている際にはしっかりと調べておくようにしましょう。
どの保険が良いのかというよりもどの保険が自分に合っているのかが大切になりますからまずは自分達はどの種類を必要としているのかをしっかりと考えてみましょう。
こちらには学資保険の必要性についてかいてあるサイトがあります。

Copyright(C) 2013 子供の成長に伴う教育資金 All Rights Reserved.