子供の保険

学資保険とこども保険は似て非なるもの

学資保険とこども保険において最近では同じ保険として扱われることが多くなってきていますが、実際には内容は違うものであるということはご存知だったでしょうか。
実際にはどちらも同じ保険であるわけではないのでしっかりと抑えておきましょう。
今日は似ているようで実際の内容は違う学資保険とこども保険についてみていきたいと思います。

まず学資保険とは、これから子供が成長していく上で必要となる教育における資金を積み立てるということが一番の目的となっています。
一般的には大学を受験する場合の資金の必要性を重視し、高校卒業に合わせて満期となる場合が多かったのですが、最近では、幼稚園から小学校、中学校、高校といった進学の場においても資金が必要であるということから何回かに分けて給付金をもらうといったパターンがあるようです。

また、万が一の病気や怪我といった場合にも給付金がおりたり、もしも亡くなった場合には死亡保険金が保障されているなど医療における保険もついています。
では、こども保険はというと大まかな内容は一緒なのですが、最も違うところというと生命保険としての病気や怪我、亡くなった場合などの保障を重視し、かつ学資保険の役割となる教育における資金の積み立ての保険であるということになります。
要するにどちらに重点をおくかによって選ぶ保険も変わるということになるのですが、実際に最近のこども保険は、生命保険に力を入れながらもしっかりと学資保険における積み立てもサポートしている保険が多くなってきていることと、また逆も同じことがいえ学資保険だからといって医療保険も充実しているものが増えてきているため、学資保険とこども保険の区別がつけにくくなっていることがいえるようです。
最近では共通の保険として扱われることが多くなっていますが、実際には重視する点が違うということを頭に入れておく上で保険を選ぶ時の参考にしより良い保険を選べるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子供の成長に伴う教育資金 All Rights Reserved.